料金を調べる

窓ガラスのコーティングは業者に依頼すると良い

今、窓ガラスのコーティングをする人が多いようです。窓ガラスのコーティングを新築の時点でしておくと、ガラスが長持ちする、震災の衝撃からガラスを守ることができます。窓ガラスコーティングは断熱効果のあるコーティングを施していきます。平均的な施工料金は、窓の大きさにもよりますが、40000円から50000円くらいです。窓ガラスをコーティングしておけば、室内からの光が外側にもれにくいので、害虫予防にもなると言われています。赤外線や紫外線を防止する効果があるので、室内に入り込む強い日差しを軽減できるそうです。ソファーやフローリングの色あせも予防できます。自分で施工できますが、業者に依頼するときれいに仕上がり、長持ちするそうです。

お手入れをしていればより長持ちする

「窓ガラスのコーティング」は、窓ガラスにキズをつきにくくするだけではありません。室内の空気が外にもれにくくなるので、室内の温度を一定に保つことができます。夏の熱い熱気や、冬の冷たい冷気が室内に入りにくくなり、1年を通して過ごしやすくなるのが魅力です。これまでは、窓ガラスをコーティングすると、室内が暗くなるのがデメリットでした。しかし、今のコーティングは透明度が高いと言われていて、過ごしやすいそうです。窓ガラスのコーティングは、長持ちします。10年以上効果が続くそうです。きちんとお手入れをしていれば、より長持ちするそうです。定期的な「メンテナンス」も、コーティングを長持ちさせる秘訣だと言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加